美瑛の星に感動し、〆パフェで締める北海道最後の夜。~第3夜 後編~




Sponsored Link

こんにちは、12月になってしまいましたね。

1ヶ月前の話になってしまいますが、前回のお話の続きです。

まだ見られていない方はこちらからどうぞ。

初めてみる方は第1夜から見てみてください。こちらに北海道編がまとまっています。

前回は、マイルドセブンの丘やケンメリの木、日本一美しい道をご紹介しました。
今回はその日の続きで、青い池からスタートです。

青い池(冬バージョン)

20181103 DSC00705
SONY ILCE-7M2, 1/13 sec. f/5.6, ISO400, 28.0 mm

白金にある青い池です。

初めて行きました。着いたらもう暗くて、ライトアップされていました。

20181103 DSC00706
SONY ILCE-7M2, 1/13 sec. f/5.6, ISO400, 39.0 mm

青くライトアップされているものだから、「本当に青いのかどうかわからないじゃん!」って思ってしまいます。

ライトは動き、光の強さも変わるので、上の写真は光があまりこちらに当たっていないときに撮りました。

20181103 DSC00710
SONY ILCE-7M2, 1/1 sec. f/4.0, ISO400, 36.0 mm

それでも綺麗ですよね。
たち枯れたカラマツのきがとても幻想的です。

明るい時にもう一回来たいと思える場所です。

他の観光地はそこまで混んでいなかったのにも関わらず、ここは結構混んでいました。

20181103 DSC00726
SONY ILCE-7M2, 4 sec. f/3.5, ISO400, 28.0 mm

星との共演。

リフレクションもとても綺麗ですね。

20181103 DSC00730
SONY ILCE-7M2, 4 sec. f/3.5, ISO400, 28.0 mm

寒くなってきたので来た道を戻ります。

美瑛で来たかった場所にはこれで全て来れました。

20181103 DSC00732
SONY ILCE-7M2, 1/15 sec. f/3.5, ISO400, 28.0 mm

最後になんとなくとった木がなんかいい感じに撮れたのでこれも載せておきます。

よく見たら少しブレているのですが、、、

後ろの青い背景が非現実感を煽ります。

20181103 DSC00753
SONY ILCE-7M2, 1/8 sec. f/3.5, ISO1600, 29.0 mm

そういえばGoogleには、“遊歩道が舗装された、美しい青色に光る池”と紹介されていたのですが、こんな感じの悪路です。この道には大きい石も結構落ちているので足元を照らしながら歩く人も結構いました。

こういう時に山育ちでよかったと思いますね。笑

美瑛の星空

20181103 DSC00757
SONY ILCE-7M2, 25 sec. f/4.0, ISO160, 31.0 mm

車で帰る途中になんとなく空を見上げると、星がとても綺麗だったので車を止めて写真を撮りました。

20181103 DSC00760
SONY ILCE-7M2, 13 sec. f/4.0, ISO400, 31.0 mm

ここからは寒さとの戦いです。

11月の美瑛の夜は、12月下旬の東京と同じくらいなのではないでしょうか。ずっと外にいれません。笑

20181103 DSC00766
SONY ILCE-7M2, 30 sec. f/3.5, ISO400, 28.0 mm

これまで戦場ヶ原や阿智村などで星空を撮りましたが、天の川が見えたのは今回が初めてです。

目の中いっぱいが星でした。

20181103 DSC00767
SONY ILCE-7M2, 30 sec. f/3.5, ISO400, 28.0 mm

こんなに見えちゃ星座も何がなんだかわからないですね笑

20181103 DSC00775
SONY ILCE-7M2, 30 sec. f/3.5, ISO1600, 29.0 mm

引きの画です。

気があると、スケールがあって壮大さの実感がわきます。

僕的日本一星空が綺麗な町は美瑛町です。

20181103 DSC00777
SONY ILCE-7M2, 30 sec. f/3.5, ISO1600, 29.0 mm

この写真を撮って気づきました。

ここは日本一美しい道だったんですね。

車で走っているときは暗すぎてまったくわかりませんでした。笑

20181103 DSC00778
SONY ILCE-7M2, 30 sec. f/3.5, ISO1600, 29.0 mm

バルブで撮ってみると、奥の山が幻想的に強調されます。

あまりにも撮れ高が良かったので、帰りがけにマイルドセブンの丘に寄ってみることに。

マイルドセブンの丘の星空

20181103 DSC00801
SONY ILCE-7M2, 30 sec. f/4.0, ISO2000, 28.0 mm

全然ダメでした。汗

寒かったからなのか、三脚がしっかり固定できなかったのか、、
何回とってもぶれてしまいました。寒すぎて、諦め。

20181103 DSC00804
SONY ILCE-7M2, 30 sec. f/4.0, ISO2000, 28.0 mm

車の屋根を使って幻想的な写真を撮るコーナー。

20181103 DSC00805
SONY ILCE-7M2, 30 sec. f/4.5, ISO2000, 52.0 mm

奥の標識のリフレクションと、星空の玉ボケがいい感じです。

20181103 DSC00809
SONY ILCE-7M2, 30 sec. f/4.0, ISO2000, 28.0 mm

ダメ押し!の一枚。

画角はともあれ、良いのではないでしょうか。この一枚を大切にします。

〆パフェ

最近は締めにラーメンではなく、パフェに行くのが北海道の流行りなんだそうです。

ちょっと理解できませんが、せっかくなので体験してみることに。

20181103 DSC00817
SONY ILCE-7M2, 1/10 sec. f/4.5, ISO1250, 28.0 mm

まず訪れたのが、〆パフェ界では一番有名な「パフェ、珈琲、酒、佐藤」。

え、こんなに並ぶ?
酔い冷めちゃうじゃん、っていうのが僕の本音。

この写真を撮っている僕の後ろに、まだまだ行列は続いています。

20181103 DSC00820
SONY ILCE-7M2, 1/10 sec. f/4.5, ISO1250, 28.0 mm

流石にここまで並ぶのは嫌なので、姉妹店の「パフェ、珈琲、酒、佐々木」に行くことに。

佐々木

20181104 DSC00836
SONY ILCE-7M2, 1/30 sec. f/4.5, ISO1250, 28.0 mm

こちらが佐々木の店構えです。

佐藤よりも断然空いているイメージ。

20181103 DSC00823
SONY ILCE-7M2, 1/10 sec. f/4.5, ISO1250, 39.0 mm

こちらがメニュー。

名前の通り、パフェだけでなくお酒も結構な種類取り扱っているようです。

佐藤と違って建物の中で待つことができるので寒くなく、ゆったり待てそうです。

20181104 DSC00824
SONY ILCE-7M2, 1/10 sec. f/5.0, ISO1250, 58.0 mm

一つ不満なのは、人手不足なのか回転率が異常に悪いところ。

奥に、片付けられていない席が見えますよね?
予約席なのかと思いきや、10分後くらいにやっと片付けて、先頭の人が通されました。

手前側にも数席空きがあるのですが、通されるまでに時間がかかるようです。

20181104 DSC00826
SONY ILCE-7M2, 1/30 sec. f/5.0, ISO1250, 56.0 mm

やっと僕らも通されました。

店内は綺麗で、バーカウンターと厨房が別々に作られているようです。

ここまで並んだ甲斐があるのかどうか、とても楽しみです。

20181104 DSC00827
SONY ILCE-7M2, 1/30 sec. f/5.0, ISO1250, 57.0 mm

本日のコーヒーはエルサルバドル。エルサルバドルを扱うお店はそれほどないので、「お、名前通りコーヒーに力を入れているのかな」と思い注文しました。

20181104 DSC00828
SONY ILCE-7M2, 1/30 sec. f/5.0, ISO1250, 55.0 mm

とても綺麗なカトラリー類です。

コースター、持って帰りたい。笑

20181104 DSC00829
SONY ILCE-7M2, 1/30 sec. f/5.0, ISO1250, 53.0 mm

シャーレにお水が注がれます。笑

一杯目は速攻で飲み干しました。笑

20181104 DSC00830
SONY ILCE-7M2, 1/30 sec. f/4.5, ISO1250, 38.0 mm

コーヒーが来ました。

エルサルバドルの丸みを帯びた柔らかい香りを求めに嗅いでみると、2度加熱したような香ばしさが感じられました。

口の中に入れた瞬間確信、これは作り置きだろ!

やられたぜ〜、確かに目の前で入れてなかったもんなぁ、、、

俺もほうじ茶とかにしておけばよかった〜、、これは名前から「珈琲」を取って欲しいですね。

20181104 DSC00831
SONY ILCE-7M2, 1/30 sec. f/4.5, ISO1250, 28.0 mm

パフェはすぐに来ました。抹茶烏龍茶のパフェです。

上に乗っている焼き菓子をザクザクと崩しながらいただきます。

うまい!

烏龍茶も抹茶もとても濃く、上に乗ってるベリーとよく合います。
しばらくすると下からライチが出てきて、さっぱり。
その後生クリームと和三盆の濃厚な抹茶のアイスが楽しめます。
これだけいろんな味で楽しまされ、最後に柚子のジュレが口の中をさっぱりしてくれます。

20181104 DSC00833
SONY ILCE-7M2, 1/30 sec. f/4.5, ISO1250, 28.0 mm

満足。

帰ってよく眠れそうです。

〆パフェって本当にアリなの?

20181104 DSC00834
SONY ILCE-7M2, 1/30 sec. f/5.6, ISO1250, 70.0 mm

総じて、今までどっちかというと〆パフェアンチ(というかただの食わず嫌いだった)僕は、アンチではなくなりました。

パフェを楽しみに行くならとてもいいエクスペリエンスを受けることのできる場所ではないでしょうか。

ただ一つ、コーヒーは飲まないほうがいいです。

車を運転していたのでお酒を飲んだ後に行けなかったのが残念ですが、混んでいなければ、友達と飲んだ後に行きたいな、と思える場所でした。

ですが酔っていい気分の時に、あれだけ待たされるのは嫌です。笑

ユーチューバーのカズさんも、ムネさんと一緒に行ってましたよ。

おわり

20181104 DSC00837
SONY ILCE-7M2, 1/30 sec. f/4.5, ISO100, 28.0 mm

いかがでしたでしょうか。

今回は美瑛の素敵な夜景と、札幌に戻った後の〆パフェについて書きました。

本当に北海道は夢のある場所ですね。是非、どちらも行ってみてください。

次回は北海道最終日です。

ではまた。


Sponsored Link

1 Comment

  1. […] 次回は美瑛の星空をご紹介したいと思います。 […]

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です