【詳細版】UITextViewのplaceHolderの付け方




Sponsored Link

いろんな方がおっしゃっているのですが、「UITextFieldにはデフォルトでプレースホルダーがあるのに、UITextViewにはない問題」の解決方法を詳しく書きます。

と言っても僕のブログにしては短め。

作業環境

  • Swift5
  • XCode 11.6

基本的な実装方法

基本的な実装方法は以下の通りです。

  1. UITextViewを継承した新しいClass, PlaceTextViewを作成する
  2. PlaceTextViewの中でプレースホルダーの挙動を定義する
  3. プレースホルダーを表示させたい画面のxib(storyboard)上にあるUITextViewのCustomClassに”PlaceHolderTextView””を指定

それでは早速PlaceHolderTextViewから見ていきましょう

PlaceHolderTextView

UIView

注意点

注意点として、表示させたいUITextViewのCustomClassがUITextViewのままになっている、ということがあります。

その場合プレースホルダーが表示されませんので、注意してください。

それでは、良きswiftライフを。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です