2泊3日で裏磐梯にスキー旅行に行ってきた~vol.1~



Sponsored Link

こんにちは、頻度高め&質も高めの更新を目指しているゆうたです。googleのソフトウエアエンジニアのインターンに応募したのですが、全く音沙汰ないので落ち込んでいます。。。笑

さて今回は、スキー旅行記です!3回に分けて書きます!そのくらい濃い内容になっております。(ニヤリ
ちなみにvol.1では出発する前まで、のお話を書きます。出発からのお話を見たい方はvol.2をご覧ください。

2018年2月20日から二泊三日で、福島の裏磐梯にスキー&スノボーをしに行ってきました。スノボー経験ゼロの僕からみた旅行記になっていますので、ゆっくり見ていってください!

なぜ裏磐梯?

GOPR0137

僕がなぜ裏磐梯を選んだか。それはズバリ驚きの安さとホテルが良さそうだったからです。
学生なのでもちろん価格には限界があります。しかし旅の質には妥協したくない、という思いで必死に探しました。

また、先ほども述べたように僕はスノボーの経験がありません。今回は彼女との旅(ここ大事)なので万が一全く滑れなかった時すぐにスキーに変えられるよう、スキー板との交換が比較的に安いプランを探しました。

まとめると、

  • 学生に優しいお値段
  • ホテルはなるべくいいところ(トイレがついていること)
  • スキー場まで比較的近い(手段は選ばない)
  • スノボ板とスキー板の交換が安い
  • スキー場は初心者〜中級者向け

あった!

それでは、僕たちが行ったスキー場と泊まったホテルのスペックをご紹介しましょう。

裏磐梯レイクリゾートとスキー場の紹介

あ、その前にこの旅行にかかった費用(お土産やバーで遊んだお金抜き)は、¥43,600-(税込、二人分)です!
内訳はこちら

  • 基本料金 : ¥32,300 × 2 = ¥64,600
  • 復興割引 : -¥6,000 × 2 = -¥12,000
  • リフト不要割引 : -¥4,500 × 2 = -¥9,000

裏磐梯レイクリゾート

裏磐梯レイクリゾートは、2015年10月にリニューアルオープンし、新しく綺麗なホテルです。現代的なカフェやプレイルーム、部屋もとても過ごしやすかったです。

まず、正面玄関からまっすぐ見た景色がこちら。奥に見える暖簾の先が大浴場です。

部屋はこんな感じ。小綺麗でとても落ち着けます。

部屋に置いてあったお菓子。洋菓子の方が好みでした。笑

大浴場の前は広場のようになっていて、おしゃれな照明があり一息つくことができます。

グランデコスノーリゾート

スキー場に関してはあとあとたくさん描きたいので、簡単に。

グランデコスキー場は初心者向けで、学校のスキー合宿にも使われていました。

全てのリフト、ゴンドラがフード付きで、快適に楽しむことができます。
グランデコスノーリゾートのホームページによると、

  • コースの長さ
  • 雪質が良い&パウダーが楽しめる
  • 緩斜面が多い

に置いて、「東北No.1」とのことです。

  • リフト一日券 : ¥4,700
  • 営業時間 : 通常期間[平日8:30~16:00、土日祝8:00~16:00]
    春滑り期間(3/26~4/1)[平日8:30~16:30、土日祝8:00~16:30]

猫魔スキー場

GOPR0138

猫魔スキー場は「雪バカを育てる山、雪バカが集う山」をコンセプトに、沢山のユニークなコースが充実してるスキー場です。2017年にオートゲートを完備して、最先端のスキー場になっています。

どちらかというと中上級者向け?な気がした。少し怖かったけど、そのスリル感がまた良かった。中上級者向けなこともあって、グランデコに比べてとても空いていた。

リフト券は、ICカードなのでデポジット量は発生しますが、それもまたお土産にすることができて旅の思い出としてはとても良さそう。しかも来年以降も使えるから、webチャージすることで次回からスムーズに滑れそう。

  • リフト一日券 : ¥4,000~¥4,500(時期によって変動あり。別途デポジット料がかかります。)
  • 営業時間 : 平日8:30~16:00、土日8:15~16:00

いろんな割引

今回の旅がなぜこんなに済んだのか、それは割引です。

福島の風評被害を回復すべく、東京都が行なっている「復興割引」というものがありました。これは、東京在住、もしくは東京都に通勤通学している人が、福島に旅行に行く際に受けれるものらしく、今回は二人で12,000円も安くなりました。

これはまた行きたい、と思いますね。

また、「雪マジ!ふくしま」というキャンペーンもあります。雪マジと聞くと雪マジ!19が印象強いですが、「雪マジ!ふくしま」は20歳から22歳の世代の方(学年で決めているらしい。これややこしいよね)は福島県のゲレンデのリフト券がタダになる、というキャンペーンになっています。

なので僕たちもリフト券不要割引というものを受けることができました。これで、二人で9,000円オフ!

雪マジ!ふくしまのHP

トラブル発生

これは本当にショックでした、、、

学校の試験日程と今回の旅が被ってしまい、8,720円のキャンセル料を払って別日にすることに。。

というわけで、総額¥52,320-の旅になりましたとさ、、笑

出発まで書ききれなくてごめんなさい。vol.2もご覧ください^o^


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です